外部電源を選択するための6つの重要な考慮事項

2020年4月7日 by Maggie McNeal

外部電源を選択するための6つの重要な考慮事項

この記事では...

  1. システム電力要件
  2. パッケージタイプ – デスクトップまたはウォールマウント?
  3. DCプラグおよびケーブルオプション
  4. 効率規制、安全基準、および機関マーク
  5. EMIおよびEMC
  6. ブランディングとシステム統合
  7. 結論

1. システム電力要件

電源を選択する際に最初に検討することは、自分たちのシステムの電力要件を決定することです。システム負荷が必要とするワット数、電圧、アンプ数を理解することが、エンドシステムの稼働と安全のために必要不可欠となります。そこで「私のシステムは定常電力レベルで動作していますか?また、最小とピークの電力要件は何ですか?」といった疑問が出てきます。不明な場合やご質問がある場合は、CUI Incの社内エンジニアリング専門家がいつでもお手伝いいたします。

2. パッケージタイプ – デスクトップまたはウォールマウント?

外部電源は、通常、次の2種類のパッケージタイプで提供されます:デスクトップまたはウォールマウント(固定型またはマルチブレード型)です。多くのアプリケーションでは、いずれかのオプションが機能します。ただし、なぜ他方ではなくこちらを選択するのかについては、いくつかの理由があります。

  • ワット数の範囲: 一般的に、デスクトップ・アダプタはより高いワット数を持つアプリケーションに適しています。ウォールマウント型のアダプタはワット数の低いアプリケーションに適しています。デスクトップ・アダプタは通常、ケースサイズが大きくなり、従ってより高い電力出力オプションを提供します。
  • グローバル市場:製品や設計を複数の地域で市場投入を計画している場合、マルチブレード型ウォールマウントとデスクトップ・アダプタは素晴らしい選択肢となります。ACブレード(マルチブレード型ウォールマウント)とACコード(デスクトップ)のモジュール性によって、同じ電源を使用して、ブレードまたはコードを合わせ単に交換するだけで、エンド市場のプラグ基準に合わせることができます。
  • 接地基準:デスクトップは、3つの導体(接地リファレンス済み)または2つの導体(浮動出力電圧)AC入力コードのオプションを提供します。ウォールマウントは、2つの導体AC入力(浮動出力電圧)でのみ使用できます。
  • サイズと携帯性:アダプタが設計上非常に可視性が高い場合、またはポータブルアプリケーションで使用する場合は、外観、サイズ、パッケージの重量について気になるかもしれません。GaNテクノロジーを使ったアダプタは、電源のサイズと重量を軽減することができます。
アダプタパッケージタイプの図

3. DCプラグおよびケーブルオプション

外部アダプターから設計に給電する場合は、システムにプラグ挿入する方法が必要です。レセプタクルやジャックをすでに選択している場合は、これによって選択するDCプラグを決定します。最も一般的なオプションの1つとしては、5.5 mm x 2.1 mmまたは「P5」DCバレルプラグ(外形5.5mm、内径2.1mm、長さ9.5mm)があります。CUIの標準プラグのオプションには、バレルプラグ、USB、EIAJ、DIN、ストリップ型と錫メッキ型、ロックおよび右アングルオプションがあります。これらでニーズが満たされない場合は、アダプタに独自のプラグを装着することもできますのでご相談ください。

DCプラグに加えて、DCコードがニーズに合っていることも確認してください。製品に到達するのに十分な長さがありますか?求められている外観と柔軟性がありますか?DCコードを変更することは、効率や安全性の両方の規制に影響を与える可能性があることに留意してください。

DCプラグオプションを示す図

4. 効率規制、安全基準、および機関マーク

システムが実装されるエンドマーケットが考慮されていることを確認するのは極めて重要です。多くの国では、外部電源によって「無駄にされる」エネルギー量を規制する、効率に関する基準を設けています。レベルVI(米国)、CoC階層 2(欧州)、ErPロット7(欧州)このいずれの効率基準であっても、CUIでは適合モデルを提供しており、複雑でダイナミックな規制環境を克服するためにお客様をサポートいたします。

効率基準だけでなく、アダプタがエンドアプリケーションに対して適切な安全基準を確保していることも確認する必要があります。例えば、医療製品は60601-1認証が必要で、ICT/AVアプリケーション向けの製品は62368-1認証が必要です。

多くの国では、国固有の機関マークが必須となっています。これらの国固有の認証を得るには、特別な設計や試験が必要になることがあります。CUIでは、お客様の国固有の機関マークのニーズに対応するために、皆さんと協力して業務を行うことができます。

5. EMIおよびEMC

販売用として提供される多くの電子製品は、EMIおよびEMC(電磁干渉および電磁両立性)規制要件を満たすことが求められています。これらの要件は、その製品が他製品の適切な操作に影響を与えないこと、同様に他製品がその製品の適切な操作に影響を与えないことを保証するものです。CUIの外部電源はEMIおよびEMC規制基準を満たすことが認証されていますが、お客様のシステム(電源を含む)もテストされ認証される必要があることは明らかです。

6. ブランディングとシステム統合

もう1つの重要な考慮事項と質問は、「アダプタは、デザインの面でシステムとどの程度美しく統合されていますか?」です。特定の見た目や雰囲気を希望しており、なおかつ製品の顧客体験について気にする場合は、アダプターのデザインを後回しにしてはいけません。製品が特定の色で意図的にデザインされている場合、黒いアダプタでは外観がしっくりこない可能性もあります。カラー、質感、パッケージ、電源への貴社ロゴの追加に至るまで考慮してください。CUIは、さまざまなカスタマイズ可能なブランドオプションの専門家です。

アダプタにお客様のロゴ配置を示す図

結論

新製品に電源を選択することは難しいタスクではありませんが、選択プロセスに影響する微妙な問題が存在することがあります。CUIのような経験豊富な電源メーカーと協力することで、電源が製品の動作を適切にサポートするだけでなく、顧客に対する製品の価値を向上させることもできます。

その他のリソース


この記事またはトピックに関するコメントを今後当社が取り上げるべきだと思いますか?
powerblog@cui.comにメールでご連絡ください。

すべきこと:タグ & カテゴリー
Maggie McNeal

Maggie McNeal

製品マネージャー

Maggieは、CUIでの勤務を通して、電源業界における販売および技術の両方に関する広範な知識を習得しました。彼女は外部アダプターポートフォリオの製品マネージャーとしての役割において、顧客と協力し合い、コンセプトから市場販売までのすべてに関わることを心から楽しんでいます。勤務外では彼女は家族や友人たちと時間を過ごし、米国北西部の素晴らしい自然や暮らしに感謝しています。

 
Powered By OneLink