CUIが新しいIEC 62368-1基準を満たすために外部電源ラインをアップグレード

2018年10月2日


CUIが新しいIEC 62368-1基準を満たすために外部電源ラインをアップグレード

CUIの電源グループは本日、大多数の外部AC-DC電源がICTとAV機器向けの新しいIEC 62368-1基準へとアップグレードされたことを発表しました。失効になる2020年12月20日のIEC 60950-1およびIEC 60065規格に取って代わるために設定されたIEC 62368-1は、危険性ベースの安全工学の原則に基づいた基本的に異なるガイドラインを導入する予定です。これはつまり、IEC 62368-1は単なる2つの基準を組み合わせる以上の重要な意味を成しており、ICTとAV機器設計者にとっての重要な移行を表しています。

過去の基準と類似したIEC 62368-1は、エンドシステムだけでなく、外部電源のようなコンポーネントにも適用されます。CUIのウォールマウント、マルチブレード、デスクトップバージョンの3W~250W範囲の新適合ラインは、すべてさまざまなDC出力プラグオプションからお選びいただけます。このモデルは、米国のDoEレベルVIおよびEUの自主規CoCティア2地域を含む、最新の世界的な効率基準も満たしています。

「CUIのミッションは、お客様に最新の安全基準と業界基準のために準備された製品を提供することです」と、CUIのグローバルマーケティング副社長のJeff Schnabelは述べています。「CUIが、お客様に情報を提供するためにIEC 62368-1ホワイトペーパーのようなリソースをさらに開発しながら、多くの電源モデルを62368-1に2020年12月の相当前にアップグレードした理由はこのためです」とSchnabelと締めくくりました。


CUIのIEC 62368-1認証モデルを表示

CUIのホワイトペーパーでIEC 62368-1についての詳細を見る


発表用画像
ウェブ | 印刷




 
Powered By OneLink