パワーブログのホームページ

米国とEU以外の外部電源の効率性規制

2021年1月26日、Andrew Johnson著 - 6分の閲読

米国とEU以外の外部電源の効率性規制

アダプターなどの外部電源(EPS)の非効率性による損失は、エネルギー使用の世界的な要因として広く認識されており、それに対応する環境への悪影響も生じています。カリフォルニア州エネルギー委員会は、欧州連合(EU)に続いて、2004年に、エネルギー効率と無負荷時の電力消費の必須基準に返答しました。長年にわたり、米国とEUの規格はアップデートを伴いながらその手順が一進一退してきましたが、本日、現在の米国エネルギー省(DOE)レベルVI(表1)と、最近発行されたエネルギー関連製品(ErP)に関する必須のEUエコデザイン指令2019/1782との間に、実質的な合意が結ばれることになりました。米国およびEU以外では、主要EPS市場を抱える国々では、米国およびEUの基準と概ね調和した、自発的かつ時には義務的なプログラムを採用しています。中国や日本などの国は独自の要件を発令しています。

たとえば、カナダは、カナダ国家資源省の当局を通じて、米国およびDOEレベルVIのパフォーマンス要件に遅れることなく追随してきました。これらの措置は2017年以来義務付けられており、オンタリオ州やケベック州などの一部の州では独自の追加要件を持っています。

単一電圧AC-DC外部電源、基本電圧
銘板出力電力(Pout アクティブ・モード時の最小平均効率
(10進数表記
無負荷時の最大電力(W)
Pout = 1 W = 0.5 x Pout + 0.16 = 0.100
1 W < Pout = 49 W = 0.071 x ln(Pout) - 0.0014 x Pout + 0.67 = 0.100
49 W < Pout = 250 W = 0.880 = 0.210
Pout > 250 W = 0.875 = 0.500
単一電圧AC-DC外部電源、低電圧
銘板出力電力(Pout アクティブ・モード時の最小平均効率
(10進数表記
無負荷時の最大電力(W)
Pout = 1 W = 0.517 x Pout + 0.087 = 0.100
1 W < Pout = 49 W = 0.0834 x ln(Pout) - 0.0014 x Pout + 0.609 = 0.100
49 W < Pout = 250 W = 0.870 = 0.210
Pout > 250 W = 0.875 = 0.500
表1: DOE レベルVI効率と無負荷時損失制限の抜粋は、他の国で広く使用されています。

オーストラリアとニュージーランドは、その規格であるAS-NZS 4665.2-2005により、DOEレベルIII(Energy Starバージョン1.1)が2008年に最低必要条件となり、レベルIVは高効率製品に対して任意の遵守です。2012年、グリーンハウスおよびエネルギー最低性能基準(GEMS)法が施行され、州や地域の法律が統合され、さまざまな製品に対して最低エネルギー性能基準(MEPS)が義務付けられました。このAS-NZS規格は、さまざまなDOEレベルとほぼ同等の効率と無負荷時の値で参照されています。必要とされる最低性能は、依然としてレベルIIIです。イスラエルは、自分たちの基準SI 4665-2と同様の取り決めを行っています。

もう一つの大きな市場である韓国では、エネルギー効率に関するDOEレベルIIIに準拠した必須要件を持っています。EPS製品の待機電力損失を1W未満に削減するという韓国のE-Standbyプログラムは、2007年には任意でしたが、移行期間の後、2010年からは0.5W未満にすることが義務付けられました。この韓国のプログラムでは、ラベリングが効率性向上のために重要な部分を占めています。というのも、国は自主的な制限を満たさなかった製品には「ネーム・アンド・シェイム」、つまり名指し非難として警告ラベルをつけることを義務付けているためです。

中国では、要件は基準GB20943-2013と現在、AC-DCおよびAC-AC出力が36V未満に指定された、DOEレベルIVと同等の省エネルギールールCQC31-461236-2014で規定されています。

各国とそのEPS効率プログラムや規制

日本では、1998年にトップランナーと呼ばれる全国的な省エネプログラムが米国に先駆けて設立され、幅広い製品にわたって強制的な要件を課した結果、大きな成功を収めています。この原則は、特定のカテゴリーで市場で最もエネルギー効率の高い製品を特定し、他の製造業者が従うべき「ゴールドスタンダード」となるトップランナーとして指定することでした。ただし、外部電源は製品カテゴリとして区別されていません。世界第5位の電力ユーザーである日本は、環境への影響を高く意識しており、排出削減(2050年までに80%)という厳しい目標を設定しています。

その他の国では、メキシコなど、DOEやEUの要件に大きく従う独自の規格を持っています。メキシコでは、NOM-029 ENER-2017が別売のAC-DC EPS製品に対して250Wまで適用しています。

ロシアやインドなどの大きな市場では、外部電源に直接関連する明らかなプログラムはありません。しかし、インドのエネルギー効率局は、米国、中国、ロシアなどの主要経済国とエネルギー関連の政策について高いレベルで連携しています。またインドは、パリに拠点を置くエネルギー効率協力のための国際パートナーシップ(IPEEC)にも参加しており、SEAD(超効率的機器およびアプライアンスの展開への取り組み)などの世界的な省エネイニシアチブを推進しています。SEADは、日本のトップランナーに類似したグローバル効率メダルなどのスキームを持っています。これは、様々なカテゴリーで最高の業績を挙げている製品を特定し、それに報いるものですが、これはEPSに限ったものではありません。

2021年1月1日に誕生した新しいひとつの市場は、EUから離脱した、Brexit後の英国です。英国政府は、EUエコデザイン指令が定めた基準を同等の英国法で維持し、将来的に規制を厳格化することへの取り組みを改めて発表しました。この新しい規格の詳細については、UKCAマークに関する当社ブログをご覧ください。

カテゴリ: 業界ニュース安全とコンプライアンス

こちらもご覧ください


この記事またはトピックに関するコメントを今後当社が取り上げるべきだと思いますか?
powerblog@cui.comにメールでご連絡ください。

Andrew Johnson

Andrew Johnson

製品管理ディレクター

17年におよぶCUIでの勤務期間、Andrewは製品管理、営業、運営で重要な役割を果たしてきました。パワー・エレクトロ二クスにおける彼の業界経験と、総括的な顧客体験への注目により、彼は設計と世界的な規制に関して常に変化する環境のナビゲーション方法について詳しく理解することができました。Andrewは、余暇には家族との時間を大切にしており、特にキャンプ、ハイキング、釣りなどのアクティビティを楽しんでいます。

 
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink