パワーブログのホームページ

各IEC電源保護クラスの違いは何ですか?

2020年8月4日、Bruce Rose著 - 4分の閲読

各IEC電源保護クラスの違いは何ですか?

国際電気標準会議(IEC)は、電源に関する3つの安全クラス、クラスI、クラスII、およびクラスIIIを定義しています。これらの3つのクラスは、電源のユーザーが入力電源から危険な電圧に曝されることを防止するための、さまざまな方法を識別するために使用されます。IECクラスの違いを理解するのは簡単ですが、多くのエンジニアはこれらの定義を熟知していないため、本ブログでは各クラス間の違いについて簡単に説明します。

  1. クラスI - 基礎絶縁層と接地された導電性シャーシの一層
  2. クラスII - 二重絶縁(基本 + 補助)または強化型絶縁
  3. クラスIII - 入力電圧は危険ではないため、保護は不必要

クラスI電源

IECクラスI電源では、ユーザは少なくとも基礎絶縁層と接地された導電性シャーシによって危険な入力電圧レベルから保護されます。一次レベルの安全保護が、この基礎絶縁によって提供されます。二次レベルの安全保護が、接地された導電性シャーシによって提供されます。この基礎絶縁に支障がある場合は、危険電圧を持つ導体は、危険電圧がユーザーと接触する前に、導電性シャーシで接地します。すべてのクラスIの電源は、電源の導電性シャーシに安全接地を通す必要があります。

クラスI電源要件の図

クラスII電源

IECクラスII電源では、ユーザーは少なくとも基礎絶縁層と補助絶縁層または強化絶縁層により危険な入力電圧レベルから保護されます。二重絶縁については、一次レベルの安全保護は基礎絶縁によって提供され、二次レベルの安全保護は補助絶縁層によって提供されます。強化絶縁は、絶縁体の基本層と補助層の組み合わせと同じ安全係数を提供しますが、絶縁体は1層になります。絶縁体の詳細については、当社ブログの絶縁体、絶縁、動作電圧に関するブログ記事をご覧ください。

二重または強化型の絶縁のため、IECクラスII電源では、安全接地線を電源に実装することは求められていません。

クラスII電源要件の図

一般的に混乱してしまう原因となるのは、IECクラスII電源とNECクラス2電源の違いです。このトピックについては、当社の記事、クラス2とクラスII電源の違いは?で説明しています。

クラスIII電源

IECのクラスIII電源では、入力電圧は危険レベルではないため、入力電圧から保護する必要はありません。危険性のない入力電圧に対するIECラベルは、Safety Extra Low Voltage(SELV)です。SELVでアクセス可能な回路の電圧は、絶対値限界としてピークが71Vacまたは120 Vdcで、ピークで42.4Vac、または60Vdcを200msを超過してはなりません。SELV回路では、2つの保護レベルで危険な電圧から分離する必要があります。この2つの保護レイヤーは、基本絶縁と補助絶縁、強化絶縁、または基本絶縁体を安全接地された導電性シャーシと組み合わせたものにできます。

クラスIII電源要件の図

3つのIEC電源保護クラスを理解することで、電源を指定する、または選択する際に、安全性、規制、コストの制約に基づいて適切な電源クラスを選択できるようになります。

カテゴリ: 基礎製品の選択

その他のリソース


この記事またはトピックに関するコメントを今後当社が取り上げるべきだと思いますか?
powerblog@cui.comにメールでご連絡ください。

Bruce Rose

Bruce Rose

主席アプリケーションエンジニア

Bruce Rose は、エレクトロニクス業界で長年にわたり、設計、販売、マーケティングを担当し、アナログ回路と電力供給に重点を置いてきました。国際的なワークショップを開催し議長を務め、40以上の技術会議で論文の出版や発表をするなどの職務経験に加え、7件の特許を取得しています。Bruce は自分の仕事はもちろん、家族でハイキング、サイクリング、カヌーを楽しみ、また本格的な模型飛行機にも情熱を注いでいます。

 
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink