1100Wのフロントエンド電源シリーズがDC入力バージョンを含むように拡張されました

2015年9月23日


1100Wのフロントエンド電源シリーズがDC入力バージョンを含むように拡張されました

本日CUI Incは、1100Wのフロントエンド電源の製品ラインに、DC入力バージョンを追加すると発表しました。PSD-1100-12シリーズは、40 x 54.5 x 321.3mmのコンパクトで細長い1Uパッケージで、高い電力密度を実現し、プラチナ・グレードの効率を達成しています。54mmという筐体サイズが、アプリケーション・スペースの最小化を可能とします。主出力電圧は12VDC、スタンバイ出力は5VDCもしくは3.3VDCを選択可能です。PSD-1100-12は、ユニットの前面にDC入力コネクタ対応のホット・プラグと、背面にDC電源および信号ピンを統合した業界標準出力コネクタを備えています。このユニットは、40~72VDCの入力範囲で、CUIの既存のAC入力PSA-1100-12に対応するよう設計され、2つのバージョン間でプラグ・アンド・プレイ運用ができるようになっています。このシリーズは、ACとDCの混合入力が必要な電気通信、サーバーおよびネットワーキング用ラックマウント・アプリケーションに最適です。

PSD-1100-12ファミリーは、I2C/PMBus™プロトコルを使用してシステム間通信を行い、これによってユニットの制御や監視を行えます。主出力12 VDC、最大92Aで複数ユニットの並列接続向けドループカレントシェアと、オプションでフォースドカレントシェアを提供します。最高レベルのシステム柔軟性として、アプリケーションの冷却要求に応じて、送風方向(前から後ろ又は後ろから前へ)の選択が可能です。また、PSD-1100-12ファミリーは60950-1安全性認定、CEマークを取得しており、すべてのEMC適用要件に準拠しているため、世界各国のアプリケーションに対応できます。過電圧、過電流、加熱、入力電圧不足に対する保護が標準で搭載されています。

サンプルはすぐお届けできます。詳細については、CUIジャパンまでお問い合わせください。

概要
製品名:PSD-1100-12シリーズ
納期:16週間
対象ユーザー:放送、無線、通信、サーバ、ネットワーキング
主な特長:DC入力、プラチナ・グレードの効率、N+1冗長性、PMBus通信

発表用画像
ウェブ|印刷




 
Powered By OneLink